会則

第一章 総 則
(名 称)
第 1 条 本会は、群馬県母性衛生学会と称し、日本母性衛生学会の群馬県支部を兼ねる。
(事務所)
第 2 条 本会の事務局は、群馬大学大学院医学系研究科産科婦人科学内に置く。
第二章 目 的
(目 的)
第 3 条 本会は、妊、産、授乳婦の保健並びに婦人衛生全般に関する公衆衛生の研究、知識技術の普及向上をはかり、もって母性の保健及び福祉増進に寄与することを目的とする。
(事 業)
第 4 条 本会は、会員相互の親睦をはかり、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
1.母性衛生に関する調査研究
2.母性保健事業に対する学術的、技術的援助
3.学術講演会、一般講演会並びに講習会、研究発表等の開催
4.機関誌等の発行
5.その他本会の目的達成のため必要と認める事業
第三章 会 員
(組 織)
第 5 条 本会は、普通会員と賛助会員をもって組織する。
普通会員は、本会の趣旨に賛同し、所定の手続きを経て入会した者をいう。
賛助会員は、本会の事業を賛助する者をいう。
第 6 条 本会に、入会しようとする者は、姓名、住所、職種勤務先を記し、会費を添えて、本会の事務所に申し込むものとする。
(会 費)
第 7 条 普通会員及び賛助会員の会費は、総会で定めた金額とする。
(名誉会員)
第 8 条 本会に対し、特に功績のあった者は理事会の議を経て、名誉会員とすることができる。
2 名誉会員は、会費を免除し、終身会員となる。
第四章 役 員
(役 員)
第 9 条 本会に次の役員を置く。
会 長   1 名
副会長  若干名
理 事   若干名(うち数名は常任とする)
監 事   2 名
第 10 条 会長、及び副会長、理事、監事は総会において選任する。
2 常任理事は理事の互選による。
第 11 条 会長は、本会を代表し、会議を総理する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、あらかじめ会長が定めた順序によりその職務を代理する。
3 理事は、理事会を組織し、会務を執行する。
4 常任理事は、会務を分掌する。
5 監事は、会計を監査する。
6 会長、及び副会長は、それぞれ日本母性衛生学会の支部長、または副支部長を兼ねるものとする。
(任 期)
第 12 条 役員の任期は2年とし留任を妨げない。
2 役員の欠員を生じたときは、理事会において、これを補充する。補充により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
(名誉会長、名誉会員、顧問及び参与)
第 13 条 本会に名誉会長、名誉会員、顧問及び参与をおくことができる。
2 名誉会長、名誉会員、顧問及び参与は、理事会の推薦により会長が委嘱する。
3 名誉会長、名誉会員、顧問及び参与は、会長の諮問に応じて意見を述べ、本会の事業を援助する。
(幹 事)
第 14 条 本会の会務を処理するために幹事をおく。
2 幹事は、会長の嘱託を受け、常任理事を助けて分掌業務を処理する。
第五章  会 議
(会 議)
第 15 条 本会の会議は、総会及び理事会とする。
(理事会の職務)
第 16 条 理事会は本会の業務を議決する。 ただし、次の名号に揚げる事項は総会の審議を経なければならない。
1 事業計画及び予算決算
2 規約の変更
3 解 散
4 前各号のほか、会長が必要と認めた事項
第 17 条 会議は会長が召集し、会長が議長となる。
2 総会は毎年一回開催する。ただし、会長が特に必要と認め、または会員の過半数が希望した場合は、臨時総会を開くことができる。
第六章  会 計
(会計年度)
第 18 条 本会の会計年度は、4月1日から翌年の3月31日までとする。
第 19 条 本会の経費は、第7条の会費及びその他の収入を持って充当する。
附       則
1.この会則は、昭和38年7月13日から施行する。
2.この会則は、昭和50年7月16日から施行する。
3.この会則は、昭和53年4月 1日から施行する。
4.この会則は、昭和55年4月 1日から施行する。
5.この会則は、平成11年4月 1日から施行する。