教授挨拶
現在、本院では、医療水準の維持向上を図るのみではなく、変化する医療に対応してその規範を作成する必要があります。さらに、高度先進医療をはじめとする新たな医療と医学の創造を行い、その成果を患者に還元することを使命としています。当科の診療内容が多様化したため、周産期、腫瘍、生殖内分泌と分類し、それぞれの分野での専門性を認識して人材を育成しています。
周産期の分野では、分娩を担当する医師と新生児を担当される先生方との連携が必須であり、母体胎児に対して最適な医療環境を提供するため、定期的な情報交換を行っている。早産管理は当然であるが、合併症妊娠の管理を中心に治療を行っています。
腫瘍に関しては、例えば卵巣腫瘍は非常に多様性に富んだ組織型を示し、治療に対する反応性も様々です。手術、化学療法、放射線療法を適宜組み合わせ、個々人に最適な治療法を提供する必要があり、分子生物学的手法も用いて個々の腫瘍の特性を解析して治療法の選択を行う予定です。
生殖内分泌では、体外受精の確立により不妊症治療の改善がなされてきました。しかし、多胎妊娠の予防、管理、胎児への影響を検討する必要があり、さらに、卵子、精子を扱って高度な医療を実践しております。
研修医制度においては、研修医の立場から将来の進む道を選択する機会が与えられることより、医師としての立場から将来の進路の選択を行う機会を持つことができることが、個々の医師にとって最大の利点でしょう。
大学院化された群馬大学大学院医学系研究科では、博士課程の充実が研究科全体の今後の重要なテーマです。生殖再生分化学(旧産科婦人科学)においては、効率の良い教育方法を検討し、ヒトの発生から老化までを扱う、広汎な領域を視野に、生殖内分泌に関する研究を行っています。大学院では、群馬大学における研究、教育に対する責務をさらに十分に果たすことを要求されます。我々の教室は、充実した研究成果(アクチビン、インヒビン、 LHレセプターの構造など)で世界的にも評価を受けてきました。当科における充実したシステムの中で、将来の医療人の教育、研鑽を目的とします。